スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/12(日) 勉強会

1時間目
京ーchan
初チェアで緊張します、と言われながらも、
予め用意してくださった、日本文化(Japanese food, Tea celemony, Hot spring など
についてのメモを渡され、各グループに分かれてペアでDiscussionしていただき、最後は
絵に書いて外国人に紹介するという仮定で、発表してもらうセッションでした。

私達のグループは、Tea celemonyについての内容だったので、グループで茶道で使う
茶器、茶さじ、お茶碗、抹茶入れ、茶筅、を英語で何というかとか調べてああでもない、
こうでもないと調べて時間がかかってしまいました。
Yokkieさんが茶道の文化の歴史をまず、説明して下さり、私がお茶会の流れ、みたいなのを説明する
はずが、準備不足でうまく文章になっていませんでした。。
なんと、京-chan、子供用の英語で書いた茶道の説明本がそばにあったのに、と後で言われていました。
他の人が読んでおられたのか、その存在に気付かなかった。。

Japanese foodの紹介でお料理をそれぞれ美味しそうに絵を書いておられたグループや、
他のグループは面白く絵に書いて白浜温泉に行くプランまで立てている人がおられました。
京都観光と兼ねて、関空近辺のショッピングセンターに行ったり、白浜が近いから、
アドベンチャーワールドでパンダを見たり、
夜は白浜温泉に宮崎駿や、なんとかいう演奏者も招待して、時間は何時から始まります。。
とまで、書いたグループがおられ、思わず、それ、私、参加したい、って思ってしまうようなプランでした。

とにかく本をいっぱい借りてきてくださって、チョコも持って来て下さって、本当にありがとうございました。

2時間目
yasuoさん
新聞の記事を使ってDiscussionし、最後にグループで話し合った内容を発表するものでした。
Surprise evacuation drills for kidsの記事が書いてあったので、
私達のEvacuation drills 避難訓練など体験をグループで話しました。
私のグループは阪神淡路大震災を体験したことがあったので、その話をしました。
私はつい、その頃は避難訓練で机の下に隠れるとか、いうことを忘れてしまうくらいの
災害を経験し、あまりにパニックになってしまったので、あまり避難訓練が生かされてなかった、
という話をしていました。水は絶対備えておかなければ、とか食料も一週間生きのびるために
最初の2日位はチーズなどたまたま残っていたのを食べてしのいだので、少しは備蓄が必要とか
つい、そんな話をしてしまいました。なんせ、電気は一週間、ガス、水道は2、3か月止まって
いたのです。津波がきたら、どうしようもないんですけど。何せ、災害時は電気はあてにできません。

携帯電話もあの頃から普及しましたね。東北の震災の時は携帯でさえ繋がらなかったって話でしたけど。
私の家はたまたま石油ストーブが備えてあったので、ガスが使えなくても助かったとか、言いましたが、
津波になってしまえば、流されてしまうし、そんなものは全然役には立たないでしょう。。
本当に人間、パニックになると逃げるとか思い浮かばない。
地域のコミュ二ティの連携が必要、と思います。都会では隣近所もあまり会話をしない地域も
あるかもしれない。そしたら、災害にあった時は逃げ遅れてしまうんじゃないか、という心配
があります。隣近所でもしつながりがあれば、何かあっても助けあえるんじゃないか、と
思ったりもしますが、今回の地震で、中国人を先に避難させたのに、その後津波で流された日本人もいました。
中国人は良かったですが、避難をよびかけた人が逃げ遅れたら悲しいです。本当に津波は怖いと感じます。
なんせ神戸周辺はあの地震が来るまでは、平和な地域だったので、予測もしていなかった事が多くて。。つい自分の話ばかりしてしまいました。。グループで発表してもらった後、
残りの時間はほんの少しで、もう一つのトピックをYasuoさんが読んで紹介してくださいました。
Take every possible measure to maintain social vigorという記事で、50年後の未来は人口も30%減少し、
40%が高齢化するので、社会的活力を失うだろう、という予測の話。

3、4時間目
ALEXさん

3コマと4コマは、Alexさんのチェアでした。
3コマ目は、「僕の半分」(Lyrics & music by 斎藤和義, song by SMAP)という曲
の訳詩でした。「今の僕は半分」とか「あなたは僕の半分」とかそれだけでは訳詩で
きないものでしたが、詩の背景等をご説明いただいて訳詩を楽しみました。また、こ
の曲も最初に一度聴いたあと、みんなで訳詩のあとも聴きその違いや余韻を感じまし
た。
 4コマ目はフリートーキングでしたが、「僕の半分」が片想いの曲ということもあ
り、これに沿ったテーマとして、ボーイフレンドor ガールフレンドとはどのような
アプローチでアタックしたか、どんな人が自分のタイプか、恋愛関係の話題について
意見交換しました。

Alexさん、ありがとうございました。

ちなみに、以下に使われた歌詞に対するたかさんのコメントです。是非、興味のある方は、読んでみてください。

3限目、4限目はアレックスがチェアでSMAPの「僕の半分」という歌を和訳しました。
実際にやってみると解釈はほんとに人それぞれですねぇ。
しんみりした歌詞があるせいか、Yoshikoさんは亡くなった恋人へのメッセージとみたらしいです。
「 いつの日かあなたを抱きしめる 」
とか
「 振り向いて ここえおいで 」
なんて言葉を天国にいる人に言ったとしたら他にないような感覚の歌になっておもしろいですね!
すんなり考えるとこの歌はたぶん片思いの歌だと思うのですが、
やすおさんやゴンさんが
相手の女性とは絶対に前に付き合いがあったはず、そうでなかったら思い込みが激しすぎて不自然。
とおっしゃってました。確かにその通りだと思います。
でも、そう考えると二つひっかかる所があるんですよねぇ。
一つは、以前に交際していた事を意味する部分が一切ないことと、二つ目は特に最後のほう
「足りないかけらは ここにいるよ 気がついて ここへおいで 愛しい人 いつの日か二人でこの道を行く 」
といった辺り。
この歌詞から感じるのは、前に付き合った事があるどころか
相手とはろくに一緒に街を歩いた事も無く、へたをしたら言葉も交わしたこともないし
自分の存在に気がついてすらいそうにない状態なんじゃないか? そしてそれをかなり自覚している。
とさえ感じるんです。
ありがちな例をあげると、コンビニの美人店員とフリーターみたいな・・・。
そうなってくるとほんとにストーカーの歌になっちゃいますよね (笑)
まぁ、歌詞を作る場合はデフォルメして書かれる場合もあります。
僕が書くとしたら「 いつの日か二人で歩く 」じゃなくて、
一緒に歩こうよ!と呼びかける詞を書くでしょうね。
歌詞もメロディーもすごくいい歌です。
ただ、自分から目線のみなのがストーカーぽく感じる原因なのかもですね。

以上が私見なのですが、
このテーマについては食事会でもいっぱい話ました。
久しぶりに来てくれたジュリーさんやナベさんにはどストライクの話題のようで
わいわい話どころではなくはしゃぎました(^^;)
“ 男は失恋を引きずりやすく、女性は割り切りが早い ” という一般論について、
どうなんでしょうね。どっちが幸せなのでしょうか・・・。
とりあえず、皆さんお疲れさまでした~。(^_^)ノ

スポンサーサイト

comment

Secret

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


アナログ時計
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ユーザータグ

大阪 英語サークル 英語 サークル 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。