スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月24日(土) 勉強会報告

今期最後の勉強会でした。
今年度スタッフを務めてくれたマー君、Tettyさん、Cindyさん、Lucian、1年お疲れさまでした。
それぞれの予定や都合を抱えながら、ITCのこともずっと気にかけてスタッフの仕事をやってくださいました。本当にどうもありがとう。

さて、勉強会の報告です。
今回は、総勢16名、2人の初参加の方々と、Shiroさんが同伴されたAustrariaからの男性にも参加していただきました。
New Comerはお二人ご参加いただきました。
初めての勉強会はいかがだったでしょうね。また来てくださいね。
それから、会場予約の都合で、今回は土曜開催となったのですが、「土曜だから参加できました!」とハリマオさんが来てくださいました。5,6年ぶりでしょうか・・・。ハリマオサン、楽しんでいただけましたか?

それぞれのsession の内容はこちらです。

Session 1

スタッフによるFree Talk
トピックがぎっしり書かれたすごろく表と、目が1から3までしかないお手製さいころが各グループに渡されました。さいころの目が3までしかないのは、大きな数が出て数々あるトピック内容をすっ飛ばして一気にゴールにまで行ってしまわないための工夫だそうです。なあるほど・・・・^^)
でもすごろくのお約束、「3つもどる」とか「2つすすむ」なんていう項目もちゃんとあって楽しいセッションでした。

Session 2

スタッフによるゲーム Taboo
レギュラーメンバーにはおなじみのゲームです。
渡されるキーワードの下には3つの言葉が記されています。この3つの言葉がTabooです。
出題者は、Tabooとなっている言葉を使わずに、キーワードの説明をして他のメンバーにこのキーワードを当ててもらわなければなりません。
答えとなる言葉は、名詞だけではなくて動詞や形容詞、助動詞もあります。
出題者がどんなヒントを出せばよいか絶句する場面も続出。いろいろな説明のしかたを知っていないとすぐにTaboo word にひっかかってしまいます。
解答は2グループに分かれて対抗戦。Aチーム優勢でしたが、途中参加のAlexさんがBチームに参戦。
僅差でBチーム勝利でした。

* **ここで、New comer のお二人には自己紹介をお願いしました。

Session 3

SPACE, THE UNIVERSE, AND THE COSMOS
Alex さんのsessionです。
Galaxyとthe Galaxyの違いは? the sun, the moon 定冠詞がつくのはなぜ?
「宇宙」と言う意味での space, the universe, the cosmos の違いは?
「宇宙の膨張は加速している」の英文
theがつくのかつかないのか、英語の文法としての解釈ではなくて天文学の実際に照らし合わせて考える時間でした。普段なら、絶対考えもしないようなことですが、天体大好き?Alexさんの熱意のこもったsessionで「galaxyとはなんぞや??」と真剣にまじめに考えました。
単に英語の勉強というだけではなくて、英語を使って「未知の世界に触れる」ことができるのも、さまざまなバックグラウンド、さまざまな趣味を持つITCメンバーがいるからこそ、できることです。
後半、マー君とShiroさん、お友達が登場され、Alexさんに「おそ~い!!」と、言われておりました。
忙しい時間、ラスト1時間のために来てくださった3人に感謝!です。

Session 4

マー君のTopic discussion です。

以下の記事を読んで討論をしました。

Excuse me, but aren't you so-and-so's whatchamacallit?


By MARK SCHREIBER
Special to The Japan Times
According to a dispatch by the French news agency AFP, France on Feb. 21 officially banished use of the term Mademoiselle when referring to unmarried women. Henceforth, Madame will be used irrespective of marital status.

The Germans phased out Fraulein four decades ago. And in the English-speaking world, the use of "Miss" is selectively being replaced by "Ms" (pronounced "miz").


What about Japan? Has ポリティカル・コレクトネス (poritikaru korekutonesu, political correctness) forced changes on the language?

Certainly the media in Japan is discouraged from using 差別用語 (sabetsu y醇vgo, discriminatory terms), such as words referring negatively to the handicapped and various taboo subjects. But as far as forms of address go, the choice of words depends more on the subject's age and the relationship to the speaker than it does on marital status and gender. There are exceptions of course, such as お嬢さん (oj醇v-san), an acceptable form of address corresponding to the English "young lady."

While not as egalitarian as the Marxist 同志 (D醇vshi, Comrade), the polite suffix "-san" will work for approximate social equals of both sexes and conveniently can be used with a person's surname or first name. It's also commonly used when addressing someone by their occupation, such as お巡りさん (Omawari-san, police officer), 運転手さん (Untenshu-san, taxi driver), 大工さん (Daiku-san, carpenter) and 板前さん (Itamae-san, chef).

One notch up on the scale of politeness is the suffix 様(-sama), used when writing out addresses on envelopes and in the bodies of letters (including emails); in public announcements; and when addressing お客様 (Okyaku-sama, customers) during business transactions. In everyday conversation, "-sama" is used when referring to another person's family members (never your own), from お子様 (Oko-sama, son or daughter) to 奥様 (Oku-sama, wife), おじい様 and おばあ様 (Oj醇d-sama/Ob醇F-sama grandfather and grandmother).

On about the same level as -sama in terms of politesse is 方 (kata, person), which is considered tactful when you don't know, or don't wish to refer to, someone's name. A public announcement might go トイレに傘をお忘れになった方、受付においで下さい (toire ni kasa wo owasure ni natta kata, uketsuke ni oide kudasai, Will the person who left behind an umbrella in the restroom please come to reception).

Another useful form of address is 先生 (Sensei). Most beginners will assume this means teacher. But Sensei is written with the characters 先 (sen, first or previously) and 生 (sei, born), and is therefore used to address a person older than the speaker. The word may also be used when speaking to persons of high social standing, including medical doctors, elected politicians, such as members of the national Diet, authors of books, orchestra conductors and recognized experts in any serious endeavor.

When in doubt, it's better to use Sensei, because a person who feels they warrant being so addressed might be a little peeved at being addressed as -san in an early stage of the relationship.

Anata, the familiar form of "you," and -san are roughly at the same level of politeness ― not necessarily rude, but not polite enough to be used when addressing a superior.

One effective way of substituting for the pronouns "you" and "me" is through the use of お宅 (Otaku "your honorable house") and 家 (Uchi, "my house"). The possessive forms for both are made by simply adding the particle の (no).

The general term used for a person's 称号 (sh醇vg醇v, title) or 地位 (ch醇d, rank) that might appear on his or her business card is 肩書き (katagaki), written out with the characters meaning "shoulder writing." As a foreigner in a business situation, if you're confused or concerned about how to address someone, you have the prerogative of asking them. Let's say you're introduced to a Mr. Maeda, a 部長 (buch醇v, division general manager) at a company. After exchanging business cards, you can ask, 「じゃ、『前田部長』と呼んでよろしいですか」 ("Ja, 'Maeda-buch醇v' to yonde yoroshii desu ka?" "Well then, is it all right for me to address you as 'division head Maeda'?"). Once when I posed this question the manager replied in perfect English, "Please call me Mike."

If you haven't yet been introduced to someone or are uncertain of the relationship between two people, it's safe to refer to him or her as お連れの方 (Otsure no kata, the person accompanying you). Back in the mid-1970s, a hit song by the Downtown Boogie Woogie Band had a line that went あんたあの娘のなんなのさ (Anta ano ko no nan-nanosa, You're that girl's whatchamacallit), which became a popular buzzword. The nan-nanosa (what is known as a "placeholder name" in English) is suggestive here of "boyfriend." While a bit lowbrow, I like how it puts a humorous spin on the awkwardness of referring to couples in a relationship.


Discussion questions
Q1. Can you come up with other examples of political correctness in Japanese? (日本語で、他の政治的に正しい言い方の例は思い浮かびますか?)

Q2. Why do you think it is important to refer to things politically correctly? (どうして、政治的に正しい言い方で、物事を指す重要だと思いますか?)

Q3. Have you ever been said the phrase, "You're the girl's whatchamacallit."? (今まで、「あんた、あの娘のなんなのさ?」と言われたことはありますか?)

Q4. Do you think that English is easier to learn than Japanese? (あなたは英語は、日本語より簡単に学べると思いますか?)

Q5. What do you think the traits of Japanese language are? (日本語の特徴は何だと思いますか?)

Q6. When you speak English, does your personality change? (あなたは英語を話しているときは、人格が変わりますか?)

Q7. Do you always pay attention to your words to make sure that your words are politically correct? (あなたは常に、言葉に気を付けて、あなたの言葉が政治的に正しくなるようにしていますか?)
スポンサーサイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2012年03月 | 04月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


アナログ時計
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ユーザータグ

大阪 英語サークル 英語 サークル 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。