スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月10日勉強会

雨にもかかわらず勉強会にご参加くださったみなさん、ありがとうございました。
勉強会が始まったお昼ごろは雨もやんでいて、傘を持ってない人もいましたが、無事に帰られましたか?
この雨があがるとぐっと寒くなるとか。
風邪をひいてお休みのメンバーもいましたし、みなさんお気をつけくださいね

さて、勉強会のご報告です

【セッション1】…Shiroさん
急遽差し替えでShiroさんに担当していただきました。ありがとうございました。

グループに分かれてFree talkでした。
Shiroさんのグループは楽天の優勝の話題、まーくんの大活躍の話題で盛り上がったそうです。
もう一方のグループはどんな話題が出たのかな‥‥‥。

【セッション2】…Yukoさん

「Nobel agreement on facts,but not on the underlying cause」という新聞記事を読んでディスカッションしました。

ノーベル賞といってもいろいろあるのですね。

自分だったらどんなノーベル賞をとりたいか、経済科学賞というノーベル賞の存在意義はどんなものか、などについて話し合いました。
なかなか難しかったようです。

【セッション3】…ALEXさん

Here Comes Comet of the Century

彗星と隕石は違うそうです。
彗星(すいせい、: comet)は、氷や塵などでできていて、太陽に近づくとその熱で表面が蒸発し塵やガスが発生します。
塵は太陽の光を直接反射し、ガスはイオン化されるため明るく輝くのだそうで、これが彗星の動きにつれてしっぽのように見えるとか。大きな彗星だと肉眼で見ることができるというわけです。

隕石は宇宙の個体物質が大気圏を通るとき気化しきれずに地表に落ちてきたものだそうです。

宇宙シリーズまた回を追ってやっていただけるそうです。
こんな機会でもなければ、なかなか勉強することのない分野ですね~

セッション4】…Brianさん
TedからSusan Cainさんのスピーチを取り上げてくださいました。
タイトルは The power of introverts.

スピーチ原稿を読んでディスカッションしました。
introvertsと extrovertsの特徴、グループ活動を強制されて嫌だった経験などについて話しました。
嬉しくないgroup actionの一例としては、会社の飲み会をあげた人が結構いましたね。なるべくパスしたいのだとか。

でもITCの活動で話すのは楽しいよと言っていただきました。ありがとうございます(o^∀^o)

スポンサーサイト

9月23日勉強会

お彼岸の中日で連休の最終日、初参加の方2名を含む17名の参加でした。
勉強会には、横浜に単身赴任中でしばらくお休みされてたGさん、2年ぶりの参加のKさんも来て下さいました。勉強会の後の食事会では、初参加の2名の方も参加していただいてほっこりと楽しいひと時を過ごさせていただきました。
皆さんもまたおいでくださいね。
では当日の勉強会の様子です(^^)

【セッション1】…Toshiko
文法クイズと写真の説明
今回の文法は比較級をとりあげました。
写真だけを見てそこからわかることを説明してみました。写っている人の人数や性別は言いやすいのですが、年齢などはおおまかなことしかいえませんよね。それでも、若いとか子供、とか意外にもう少し説明したいときはどうするか…20代前半とか30代半ばとか…
ペアで同じ写真について説明しあったあとに、新聞記事からひろった別々の写真の部分だけを取り出して説明しあってもらいました。

【セッション2】…Jackさん
ブラック企業についての新聞記事を読んでディスカッションしました。
最近は正社員というポジションを切り札にして過酷なノルマを強要する会社や、一度正社員になったのに企業内でさらに就活、面接がありダメならクビになるという会社、大企業なのにクビにできないからと追い出し部屋を作って仕事をさせない、あるいは生産性のない仕事を延々とさせて自主退職を目論む会社などいろいろあるようです。

【セッション3】…ヘブンさん

CNN English Expressの特集を題材にします。

会話がどんどん弾む!
このひとことで心をつかむ「ほめる英語」を極める!
「ほめる文化」「ほめて伸ばす教育」が浸透している英米では、会話での「ほめ言葉」がとても重要な役目を果たします。
やさしい単語を組み合わせたネイティブ流のフレーズを自分のものにして
使ってみました。

【セッション4】…ALEXさん

The power of Speech
実際にスピーチの内容を考え、実際にスピーチしてもらいました。

To be impressive to others and understood by others is important!

7人の方に実際にスピーチしていただき、質疑応答の時間を設けました。

8月25日の勉強会

日曜日は短い時間でしたが、前代未聞の大雨で電車は止まるわ、道路は水浸しだわでえらいことでした。

そんななかで勉強会にご参加いただいたみなさん、ありがとうございました(*^o^*)

今回は初参加の女性3名を含む16名の参加でした。

【セッション1】…Shiroさん

New Yorkについてのディスカッションでした。

1) What images spring to mind when you hear ‘New York’?

2) Why is New York described as a world city?

3) How different is New York from Osaka?

4) Would you like to visit New York, or live there?

5) What would you do if you could spend one day in New York?

6) What do you know or remember about 9/11?

7) What is your idea of a typical New Yorker?

Yさんは、お仕事でNYに住んでおられたことがあるそうで、ブロードウェイはこの辺、美術館はこの辺…といろいろ教えてもらいました。ミュージカルも好きじゃなかったけど、面白かった!そうです。
プロになりたい役者や歌手がたくさんいて公園や駅で歌っているひともとても上手い!のだそうです。


【セッション2】…Naokoさん

合宿ではチェアもしていただいてますが、勉強会の参加は2年ぶりでチェアしていただきました。

伝言ゲームです。
NGワードを言わずにヒントを出して答えをあてます。5分で12問、それを4回。答える人とヒントを出す人の連携がうまくいかないと全問答えるのは難しいですね。
しかもヒントは文章で!
全然答えられないものもありましたね…

【セッション3】…にしさん

Report on the changes of energy and green house effect.

という記事に関連して
以下の点についてグループでディスカッションしました。

パナソニックが人工光合成によってエネルギーをつくる研究をしているそうです。
藻からできる燃料はすでに飛行機の燃料としての使用が決まっているとか。
専門用語がたくさんあってなかなか大変でした。

【セッション4】…Toshiko

グループの中で、それぞれ別の新聞記事を読み、他のメンバーに記事内容を紹介してもらいました。じっくり読む時間はないので、必要な言葉をピックアップする必要があります。
それぞれの記事紹介が終わったあとで、選んだトピックについてディスカッションしてもらいました。


7月7日勉強会

こんにちは。7月7日はフル参加したきゃさりんがブログアップいたします。

[セッション1]・・・ケーさん

「if you renewal ITC web site」
初めてITCのweb siteを訪れた人がもっと参加したくなるようにする為のアイデアを話し合いました。
今現在の良い所、悪いところ、こういうレイアウトのほうがもっと見やすくなるなど、いろいろ話し合いました。

やっぱり、トップページは、勉強会の予定とかシンプルなのがよい、トップページにブログのリンクもつけていてほしいとか、そんなこんながでましたよ。

1 What’s your first impression when you visit the web site?
2 Have you reached page in the web site smoothly what you’ve searched?
3 .What theme color is good on the web site?


[セッション2]・・・キトリさん

『日本のことを英語で紹介してみましょう。

ペアになって、与えられたトピックについて英語で発表しました。

お題は5つありました。日本の英語教育について、日本の家について、高齢社会について、お中元・お歳暮について、年賀状でした。




[セッション3]・・・キャサリン

いくつかお題を出してそれについてフリートークを行いました。
今ホットなトピックもあったりして、グループごとに白熱したトークになったようです。

最後にまとめのつもりで書記の方に紙にかいていただいたのですが、いまいちだったかも。

[セッション4]・・・ALEXさん

J-POPの英訳にチャレンジ!

日本語文の英訳、いわゆる『英作文』にあらたまって取り組む機会って、ありそうで

ないですよね。ましてや日本の歌の歌詞を英語に訳すなんてこと、まずないと思います。

今回はそれにチャレンジ。曲目は、せかちゅうーの主題歌、平井堅の「瞳をとじて」でした。日本語の詞を英語にするのは
とっても難しいですね。


英語の勉強は難しいですが、4コマとも、楽しかったです。


その後、お食事会は、サイゼリヤに行きました。
あることがあって、参加者全員スイーツ無料で食べることができました。

4月7日勉強会

今年は、例年よりもうんと早く3月31日に花見会でしたが、1週間後には雨でもう葉桜になりかけていますね。今回も初参加の2名の方を含む20名の参加でした。

[セッション1] Toshiko
Talk!Talk!Talk!
ペアワークです。
与えられたトピックに沿って2分間のスピーチです。
その後、1分間のインタビューコーナー
最初は小手調べ、「昨日何をしましたか?」
そして「今年は、花見をしましたか?」
云々かんぬん。。。。。最後は、「最近印象に残ったニュースは何ですか?」

パートナーとのお互いのスピーチをシェアしたあとは、ペアを変えて次のトピックへ。

皆さん、どんな話が出たかな。。。。?

[セッション2] Toshiko
新聞の社説を読んでディスカッションです。
後見人がついたら選挙でそれまで投票できていたのに、選挙権が奪われたという話でした。
面白い記事ではないけれど、時にはこんな硬い文章をじっくり読んでみるのもいいのでは。。と。
各グループ、選挙制度の話、福祉の話、金銭や人権の話といろいろに盛り上がっていましたね。

[セッション3] ネコパンチさん
マイケル・ノートンの幸福はお金で買えるのかというスピーチを聞いた後ディスカッションしました。
1.What do you think of this article?
2.Why do you think people felt happier when they spend money on others?
3.What would you do if you won the lotterly?
4.What is your original way to be happy?
5.Would you like to spend money on others? If so, why?

[セッション4] seraさん
前半<WRITE what you HEAR>
①二人一組になり、スピーカーとライターを決めます。(5分)
③ライターは書き取った文章を読み上げ、スピーカーと一緒にチェックします。(約5分)
④ペア同士で役割を交代し②③をやります。
メモを取るのは何とかできても、文章におこすのは難しいですね。しかもそれがあっているかどうかチェックとなると、もはやお手上げ状態でした。

後半
英語曲のCDを使ってリスニングテストをしました。曲を聴いて、プリントの歌詞の( )になってる箇所を埋めます。
久々のリスニングでした。曲は、StingのShape of My Heart
2回聴いてもわからないところがたくさん。答え合わせの後もう一度聴きました。
それでもやっぱり、「そうなのかなあ。。。」というところも。なかなか大変でした。


                                       BY としこさん


今年度も始まりましたね。今年度はとしこさんがスタッフです。
すべてとしこさんが運営されています。ほんとうにありがとうございます。

だからメンバーとして、勉強会を盛り上げていけたらいいなって思います。
これからは新しいメンバーのチェアがどんどん予定として入っています。
このブログを見ておられ、どうしようかなって思っている人はぜひgメールにアクセスしてね♪

                                       BY きゃさりん

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


アナログ時計
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ユーザータグ

大阪 英語サークル 英語 サークル 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。